おいしいもの!

「おいしい」は幸せ!

未分類

車中泊は軽自動車でも出来る?冬も便利なグッズとは?

投稿日:

 
車中泊って大変そうなイメージがあったりします。特に軽自動車ではきびしいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、知恵と工夫をもってすれば軽自動車が素敵な寝床に大変身!実際に私が10日間ほど軽自動車で車中泊をした時に役にたった便利グッズをご紹介していきます!
 

なぜ車中泊をするのか?

仕事の出張先で過ごす、車で旅行している、キャンプ、いきなり家を飛び出したなど状況は色々です。ホテルに泊まるという選択肢が無い場合でも車さえあれば寝床は確保できます!
 

でも軽自動車は狭いからきびしいのでは?

確かに軽自動車は狭いのでつらい部分もありますが、やって出来ないことはない!のです。少しの費用と手間があれば軽自動車はあなたのすばらしい寝室になり得るのです!

 

軽自動車を車中泊モードへ!

車中泊するときは後部座席を寝床にしたほうが広くスペースを確保できることが多いです。後部座席は完全なフラットではなくても、背もたれを倒すなどしておきます。最近のバンタイプはできるものが多いです。ワゴンタイプならフラットにできる車種もあります。やはり座って寝るより横になった方がいいです。

軽自動車で車中博するのに必要なものは?

なにもなくても寝ようと思えば寝れますが、便利なグッズなどがあるだけで快適さが全然違います。基本的に車に積んでおきたいものからご紹介します。
 

毛布類or寝袋

どちらかというと毛布がおすすめです。下に敷くも上に掛けるのもできますし、布団より場所をとらないのと、冬などは寒いので毛布の方が暖かいです。真冬であれば電気毛布があるとなおいいです。電気毛布の電源は次に紹介するインバーターから取ることができます。寝袋で寝るのもOK!寝床には何か敷いた方が寝やすいです。
 

インバーター

これはシガーソケットに繋ぐと家庭用電源として使えます。コンセントの差し込みがあるので、家電やスマホ、パソコンなどが車の中で使えるようになるので車中泊はもちろん、普段の車移動でも非常に便利です!注意するのは消費電力の大きさです。スマホやノートPCくらいであれば電力を大きく消費しないので大抵の機種で問題ないのですが、家電の中には電力消費が大きいものがあるので、使う電化製品の電力消費量を確認して合ったものを購入しましょう!2000円~6000円くらいで売っていることが多いです。ドンキでも売っているので、夜遅く必要になった場合はドンキに行くとあるかもしれません。
 

スマホ用充電器

スマホはもはや生活必需品です。充電が無くなってしまうとやれることが極端に少なくなり、通信手段が途切れてしまうので、充電を確保することはとても大事です。無くしたり壊れてしまうことも考慮して2つ以上持っておくことをおすすめします。
 

ミネラルウォーター2Lとコップ

コンセントと同様に水道がないので、寝ていて喉が渇いたりしたときや、歯磨きひげそりをしたいときにも使えるのでミネラルウォーターを常備しておくと安心です。車を駐めて寝ている場所に必ずしも水道があったり、お水が買える場所が近いとは限らないからです。ペットボトルが1本あるだけで安心感があります。ペットボトルに口をつけてしまうと雑菌が入って繁殖し不衛生なので長く車中泊するときはコップを使った方が安全です。
 

歯磨きグッズなどの身だしなみグッズ

車中泊をしたとはいえ、次の日の身なりは整えたいと思う方は歯磨きや化粧道具なども持っていきましょう。
 

あるとさらに便利な車中泊グッズ!

最低限必要なものがあれば車中泊はできますが、あるとさらに便利なグッズもご紹介していきます。
 

衣類圧縮収納袋

これはよくある布団を入れて掃除機で圧縮する袋のようなものです。衣類用で袋に衣類を入れて手で巻いて圧縮することができるます!持っている衣類にもよりますが、数着服があるだけで場所がとられるので、着ていない間はこれに入れて圧縮すると空間を増やすことができます。毛布類を入れられる大きさの物もあるので毛布を積んでいる方はこれもあるとより便利です。
 

木製の板

あまり大きくなく、縦横60cm、厚みが1.5cmくらいのものが良いです。何に使うかというと、まず助手席で背もたれとダッシュボードに挟むだけで机代わりに使えます。背もたれの角度調整で挟み込んで固定するだけでもいいですし、突っ張り棒をさきに固定してその上に板を乗せるとより丈夫になります。日中車の中で過ごすときに、ノートパソコンで作業したり、書類などを書くのにとても便利です。お弁当を買って食事をするのにも使えます。自分の車の座席に合うか一度測ってみてください。シュリンクがついて売っている板をおすすめします。木材の質によりますがササクレが刺さってしまうことがあるので、シュリンクを剥がさずにつかうとササクレも平気です。裸で売っている場合はラップなどで巻いて使うとササクレ防止になります。
 

木製の板で寝床も延長できる!

テーブル代わりになる板ですが、車によっては寝床を拡張するのにも使えます。前の座席を最大まで前方にずらせば更にスペースができるのですが、隙間が空いてしまいます。そこでこの板を空いたスペースに敷くことで寝床の面積を増やすことも出来ます。特に狭い軽自動車は少しでもスペースが増えるとありがたいです。
 

マットorシート

寝るときに床に直接寝るのは身体が痛いので薄いマットやシートがあると寝やすいです。100均で売っている厚めのレジャーシートでも全然違います。冬は底冷えがするので断熱できる素材がおすすめです。
 

洗濯洗剤

少しの洗濯物であれば洗濯もしたいところです。特に下着類は洗えたら洗いたいですね。洗濯洗剤さえあれば公園やキャンプ場などの水道で洗濯することができます。下着くらいであれば脱水は手でしぼりますけど、たくさん洗濯したい場合はコインランドリーへ行った方がいいですね。
 

折りたたみ式バケツ

洗濯もバケツがあると更に楽になります。普通のバケツは場所を取ってしまうので、シリコン製の折りたためるバケツなどが便利です。
 

洗濯ひも

洗った洗濯物を干すのは車の中になるので洗濯ひもやフックなどを車内につけて干すことができます。
 

スマホ用フレキシブルネックアーム

スマホやタブレットをよく使うのであればすごく便利です。スマホやタブレットをつけて首にかけるだけで、ハンズフリーになります。よくクリップ式のものがありますが、クリップ式は挟む場所が必要でつける場所が限られてしまいますが、これは首に掛けても使えますし、床やテーブルに置いて使う事もできます。車中泊で寝ながらスマホで動画を見たり、ワンセグでテレビを視聴するときにとても便利です。車中泊だけでなく普段家において置いても便利です。車中泊なのに家でごろっとしながらテレビや動画をみるように過ごせます!
 

ポータブル電源

車中泊やキャンプなどで大きな電源を確保したい場合におすすめです。大容量のバッテリー搭載なので使える電気製品の幅が広がります。インバーターと組み合わせて車から充電して使うこともできます。災害時のときにも役に立つので、高価なので余裕がある方は購入しておいてもいいと思います。
 

防災アルミシート

災害時に使うアルミのシートで布団や毛布のように包まると暖かいというシートです。数百円で売っています。一度ひろげるとかさばってしまったり、カサカサと音がしますが、暖かいです。手持ちの毛布や防寒対策では足りないときに使えるので、いくつか持っていると便利です。もちろん災害時用に備えとしてもおすすめです。
 

モバイルWIFI

キャリアの通信制限がある場合、快適にネットをすることができません。そこでおすすめなのがモバイルWIFIで制限無しのプランを利用することです。車中で仕事をしたり、ネットを楽しみたい場合にあるとすごく快適です!契約すると数年単位になるので、普段あまり使わないのであればレンタルすることをおすすめします。
 

モバイルバッテリー

スマホのバッテリーは切らしたくないという方は更にモバイルバッテリーがあると便利です。インバーターで二口以上コンセントがあるか、タップなどで口数を増やすとスマホとバッテリー両方充電できます。車のエンジンを掛けているときに両方とも充電しておけば、充電に悩むことは少なくなるはずです。楽天などでは1000~2000円位で結構容量のあるモバイルバッテリーが買えます。
 

特に便利だったグッズは?

とりわけ便利だったものは毛布・インバーター・充電器・木製の板です。毛布さえあれば寝ることはできますし、インバーターと充電器でスマホやPCのバッテリーを気にすること無く使えます。そして軽自動車のような狭いスペースでは作業をする他にも、ちょっとした手荷物などの置き場に困ってしまうことがあったのですが、木の板をテーブル代わりにすることで板と座席にちょっとした荷物を置くこともできます。それと軽自動車の後部座席は足を伸ばすほどのスペースがないので、木の板で床を拡張できたことで少しですが足を伸ばせるスペースができました。ちなみに軽自動車はまっすぐに寝るよりは斜めに寝る方が足を伸ばせます。
 

車中泊で気をつけたいこと!

車中泊で一番気をつけたいのは一酸化段蘇中毒です。エンジンを掛けて寝るとなってしまう場合があります。自分では気づかずにいきなり意識がなくなるということなので自覚できません。なので私は寝る前にはエンジンを止めます。暑さや寒さは寝具や服装で対処した方が安全です。
 

車中泊もアイデア次第で快適に!

以上が10日間車中泊をしたときに使った便利グッズでした。最低限必要なグッズで車中泊はできますが、やはりそのほかのグッズもあると快適度が違ってきます。ポータブル電源などは高価ですし、インバーターがあれば必要ないです。それ以外のものは費用もさほどかからず、ダイソーなどの100均で揃うものも多いです。初めて車中泊をしてみて、割といけるなぁという思いでした!まだやったことの無い方もチャレンジしてみてはどうでしょうか?

-未分類

執筆者:

関連記事

takaosangreen

山菜について

山菜は野山になっているものを収穫することがおおく、まさに山の自然の恵みです。山菜とは食用となる野草をいいます。栽培された野菜とは違ったおいしさや風味を味わうことができます。種類もたくさんあり、市場に出 …

no image

ガストのチョコバナナとマスカルポーネのパンケーキを食べてみた

ガストは食べに行くだけでなく、デリバリーでもよく利用しています。時々食べにいくのが「チョコバナナとマスカルポーネのパンケーキ」です。実際、頼んで出てくるととても大きいので「食べきれるかな?」って思える …

no image

モンスターハンター映画化?!オフィシャル画像公開!

no image

お茶の種類や効能について知ろう!

おいしいものを食べるときのお供としてよく飲まれる飲み物と言えば「お茶」です。食事の前中後に飲んだり、何かをしているときに喉を潤してくれるお茶。日本人は割と普段からお茶を飲むことが習慣的になってる反面、 …

no image

逃げ恥原作続編決定!ドラマの続編やスペシャルは?

「逃げる恥だが役に立つ」の原作コミックが1年10ヶ月ぶりに連載再開されることになりました!講談社の公式サイトによって2019年1月25日発売の「KISS3月号」から再開されると発表がありました。原作フ …

フェイスブックページ「おいしいもの!」

にほんブログ村バナー

人気ブログランキング