おいしいもの!

「おいしい」は幸せ!

未分類

納豆はおいしくて健康にもよい!

投稿日:2018年11月6日 更新日:

nattou
納豆は日本の国民食と思っていますが、食べない地域の方もいらっしゃるかもしれません。ですが、やはり納豆はおいしいです!ごはんのお供にもお酒の肴にももってこいです。いつものスーパーでいつもの納豆を買うというのが定番になっているかもしれませんが、納豆も様々あります。納豆の知識を深めてよりおいしく納豆を食べて見ましょう!
 

納豆の始まりは?

納豆は古くから食べられていたと言われています。弥生時代の日本人達はすでに食べていたとされ、弥生時代の人達は穀物類を食べており、大豆も食べることがありました。しかし、大豆はそのままではとても堅かったので、大豆を煮て「煮豆」として食べていたようです。そして、弥生時代の住環境としてワラが重宝されていました。ワラは保温保湿に優れていて、納豆を作るに欠かせない納豆菌を保菌するのに適しています。食料として食べていた「煮豆」がこのワラと結びついた結果、納豆という食べ物と出会い、長らく日本人に食べられる食材になったという説が一番古いです。
 

平安時代に発見された説

前の説とは別に平安時代に八幡太郎義家(はちまんたろう)という武将がいて納豆発祥にまつわる話が東北に多くあります。八幡太郎義家が戦で遠征した際に乗っていた馬の飼料がなくなってしまい、農民に馬の飼料である大豆がほしいと言ったところ、農民は茹でた大豆を冷まさずワラに詰めて渡し、馬に食べさせようとワラを開けてみたところ発酵が進んでしまい、糸を引いていました。ですが、これを食べてみたところ、非常に美味しかったのでこれを食べるようになったのが納豆であるというのも一つの説です。
 
 

納豆は健康にもよい!

nattou
納豆は食べておいしいだけではなく、栄養素が豊富であることから健康食品としても注目を浴びています。最近では中国でも納豆が大ブームとなり中国のスーパーでも納豆が売られていたりします。
 

納豆の栄養

エネルギー
タンパク質
脂質
食物繊維
(水溶性)
食物繊維
(不溶性)
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンK
カルシウム
マグネシウム

亜鉛
カリウム
リノール酸
イソフラボン
レシチン
セレン
サポニン
ナットウキナーゼ
ジピコリン酸
ムチン質
 

納豆の種類

nattou
納豆といっても様々な種類があります。スーパーなどでもたくさんの銘柄が見られそれぞれの特徴もあります。納豆の多くは糸引き納豆と呼ばれている納豆菌を使って発酵させた納豆です。
 

ひき割り納豆

納豆は大豆の原型をとどめているものがほとんどですが、ひき割り納豆は粒が細かく砕かれているのが特徴です。ひき割り納豆は東北地方でよく食べられている納豆です。ひき割り納豆は発酵した納豆を細かく刻むのではなく、まず原料の大豆を炒った後に挽き臼で細かくします。それから細かくなった大豆を煮て発酵させて作ります。ひき割り納豆は細かくなっているので食べやすく消化にもよく、カルシウムなどの栄養の吸収効率がよいのが特徴です。
 
 

ひき割り納豆は離乳食になる?

ひき割り納豆は細かく、また納豆は柔らかいので赤ちゃんの離乳食としても活躍します。離乳食中期と言われる8ヶ月前後から少しづつ試してみましょう。1歳になるまで腸内細菌が安定していないので、加熱調理が必要です。なので小さいザルなどで納豆を湯通します。納豆はたくさんの栄養がとれる食品です。特に赤ちゃんが不足しがちなビタミンKを摂取することができる食材なので覚えておきたいですね。とはいえ、食べさせすぎないようにすることも大事です。基本的にタンパク質なのでタンパク質に偏らないように、また大豆のアレルギーなどに注意を払ってあげてください。

塩辛納豆

塩辛納豆とは通常の糸引き納豆とは違い、麹菌を使って発酵させた納豆のことをいいます。現在、納豆と呼ばれる糸引納豆は中世以降から広まったとされ、それ以前の時代の納豆とはこの麹菌を使って発酵させた塩辛納豆のことを言いました。麹菌を使って発酵・熟成させて主に調味料として使われていました。
 

寺納豆・浜納豆

塩辛納豆は寺納豆とも呼ばれています。これは当時の中国に渡航したお寺の僧侶達が塩辛納豆を帰国の際に持ち帰り、再び国内に広め、生産を盛んにしたことから寺納豆と呼ばれるようになりました。また、浜松地方で作られているものを浜納豆と呼びます。
 

五斗納豆

山形で作られている納豆で、糸引納豆に麹菌と塩を加えて発酵させます。長期熟成させるので塩気と粘りが強くなります。五斗納豆の名前の由来は五斗(一斗は約18リットル)入る樽を使って作っていたという説と五斗の材料を使って作っていたという説があります。塩分を控えめにして作られた五斗納豆を「雪割納豆」と言います。
 

納豆を楽しんで味わおう!

納豆は日本の食材の中でも異質であるともいえます。日本人以外にはなかなか受け入れにくい食べ物ですが、私たちにはあまり抵抗のない食材です。おいしくて健康にもよく、低価格で誰でも手に入れられる国民的な食材です。最近は納豆を使ったメニューを取り入れる飲食店も増えてきていて面白い料理も登場しています。世界に誇らなくても美味しい日本の納豆に感謝です!
 

-未分類

執筆者:

関連記事

food

調理のプロ向けのお店METRO Cash & Carry Japanってどんなところ?

普段おいしい料理を食べさせてくれる飲食店の人達が食材の仕入れを効率的にできるお店があります。「 METRO Cash & Carry Japan」通称メトロといって、ドイツに本社がある外資系企 …

udon

いろいろなうどんを知っておいしく食べる!

日本の麺料理といえばうどん!暑い季節には冷やしたぬきやざるうどんがおいしいですし、寒い季節は鍋焼きうどんや鍋のしめにうどんを投入して楽しめます。あかちゃんの離乳食だってうどんがあるくらい私たちは日本人 …

sushi

魚の部位や基本を覚えてみよう!

日本は魚をよく食べる国です。近年は魚の消費量が減っていると言われますが、それでも魚をよく食べる国です。当たり前のように魚を食べているけど、魚の知識があるかというとそうでもなかったりします。私自身もそう …

sushi

多摩センターでお寿司を食べるなら銀蔵がおすすめ!

先日、多摩センターで食事会があり行ってきたお寿司屋さんが銀蔵です。駅構内にあって小田急線の改札をおりてそのまま下に降りる階段で降りたところにあるので、すぐに入れます。お店の雰囲気はお寿司屋さんなんです …

rice

おいしいお米について!

日本人の命の源と言ってもいいほど大切な食材は「米」です。私たちの毎日の食事にかかせない存在ですよね。毎日、麺類は飽きます、毎日パンも飽きます(私は)。ですが、米は毎日食べても飽きないです。子供の頃から …

フェイスブックページ「おいしいもの!」

にほんブログ村バナー

人気ブログランキング