おいしいもの!

「おいしい」は幸せ!

未分類

ハンディターミナルをハンズフリー化!超低コストで出来る裏技!

投稿日:2018年12月15日 更新日:

 

ハンディターミナルは様々な仕事で使われていますよね?スーパー、コンビニ、ホームセンターといった販売店での在庫確認や発注や飲食店でのオーダー、ヤマトや佐川、郵便局などで配達をする人も持っています。物流倉庫などでも入庫の検品や商品のピッキングで使われています。ハンディターミナルは今や無くてはならない仕事道具と言えます。確かに便利で効率がよくなりますが、使っていると「邪魔」「持ち替えるのがめんどくさい」というふうになってきます。このハンディターミナルを「持つ」「持ち替える」という作業が無くなったら楽ちんだと思いませんか?
 

ハンディターミナルのハンズフリー化

そこで思いつくのがハンディターミナルの「ハンズフリー化」です。持たなくてよくなればその分、動作や労力が減ります。実際にこれは需要もありハンディターミナルのメーカーからはハンズフリーのハンディターミナルが発売されてもいます。手につけてしまう形をしているのでウェアラブルとも言えます。
 

ハンディーターミナルのハンズフリー化は作業の効率もアップ

当然、持ち替えなどの動作が減ることによって作業は短縮されます。でも、それだけでなくハンズフリーの大きなメリットとして身につけたまま、物を持ったり、字を書いたりできるので非常に便利です。
 

ハンズフリーの端末へ変更はコストが問題!

ハンディターミナルのハンズフリー化をすれば効率が良くなる、労力が減るというメリットがあるので、早速検討しよう!そう思って、メーカーやシステム会社から見積もりをとったとしても、なかなか高額な費用になります。今使っているハンディーターミナルがもう寿命が変えないとマズイという状況でもなければ、ちょっと考えてしまいます。
 

ほとんど無料!超低コストでハンディーターミナルをハンズフリー化する方法!

 
高い導入費用を掛けずともハンディーターミナルをハンズフリー化する方法を長年の経験を踏まえてついに実現することができました!その方法とは・・・

 
輪ゴムです!!

え?って思われました?そう!従来の持って使うハンディーターミナルに輪ゴムをつけるだけです!日曜日の朝にワンピースを観ていて「ルフィはゴムゴムの実の力が使えていいなー」とか思ってたら思いついたので、この方法を「ゴムゴムのハンディ」と呼んでます。
handyterminal1

ゴムゴムのハンディの使い方!

画像ではみやすいようにディスプレイが上にきていますが、この機種のように反対側にスキャナ(読み取り部分)がある場合は逆に持ちます。つまり、いつもスキャンする持ち方ですね。そしてスキャンが終わったら手の甲側にハンディ本体を輪ゴムで止めたままグルッと動かします。これで手が自由になるので、フォークを操作したり、荷物を持ったりなど他の作業ができます。またスキャンしたいときは手の平側にグルッとハンディを持ってくればOK!これだけで作業がグンとやりやすくなりますよ!素手でも大丈夫ですが、手袋をした方がハンディを動かしやすいのでおすすめです。ハンディは反対の手で動かしたり、慣れてくるとモノを持つときなどにモノに押し当てて動かすなどもできます。腕を振って動かすという技もできたりします。物流作業は特に単純作業が多いので、ゴムゴムのハンディの技を修行していれば、仕事が楽しくなるかもしれません。

おすすめの輪ゴム

では、どういった輪ゴムが最適か?普通使うお弁当やお総菜のパックをしめるのに使う細い輪ゴムでは本体の重量を支えることができないことと、すぐに切れてしまいます。1センチ幅くらいの太めの輪ゴムがおすすめです。
 

費用はどれくらい?

100均で買えば一袋に20本くらい入って100円で買えます。一人で使っても数ヶ月もちます。仮に1ハンディーターミナルを使う人が10人いたとして、半年~1年で約1000円でハンディーターミナルのハンズフリー化が可能です。メーカーやシステム会社からの見積もりと見比べてみてください。ハンディーターミナル1台が数十万円というコストがかかるのに比べて、「ゴムゴムのハンディ」なら、一人あたり100円という超低コストでハンズフリー化が実現できます!ほとんど無料みたいなもんです。
 

加えてシステムも入れ替えたら大変な値段に!

端末だけ入れ変えても相当な値段です。それだけでなく、システムの改変や入れ替えとなると更に導入の費用や時間がかかります。そう!その分の費用や時間も大幅に削減できるんですよ!
 

導入がスムーズにいかないことも

意を決して導入したとしても、システムの引き継ぎやテスト、実施などといった作業や工程もあり、必ずしもスムーズに意向できるとも限りません。いざ、始めたらトラブルがあり動かないなんてこともあり得ます。通常の業務に支障を来してしまうかもしれないというリスクを考えておかなければなりません。
 

ゴムゴムのハンディなら低いリスクでハンズフリー化!

私の提案する「ゴムゴムのハンズフリー化」は低コストだけではなく、即日・ノートラブル!思い立ったら輪ゴムを買ってきてつけるだけです!
 

ハンディターミナルの故障率が減る!

メーカーのハンズフリー端末のメリットとしても上げられていますが、ハンディターミナルのハンズフリー化のメリットの一つとして、故障が減ります。ハンディターミナルは落としたり、雑に扱ったりして壊れることが多いです。そういう事を想定してある程度頑丈な作りになっていますが、やはり壊れます。

オプションで対策はできるものの

メーカーはオプションで耐衝撃性ケースを販売したりしていたりします。これをつければ幾分故障率は減りますが、持ちにくかったり、音声などが聞こえにくくなります。というのも私が以前にこういったケースの制作に携わったからです。耐衝撃性をあげるとなると、ケースの素材が厚いものになり、成形が難しくなります。装着したときのズレなどもでてくるのでおすすめしません。ゴムゴムのハンディならば、輪ゴムでハンディターミナルが手から離れることが滅多におきません。今使っている端末がそのままで使えるので手に馴染んだいつも通りの使い心地が可能です!

ハンズフリーハンディターミナルを使いたいと思っている方へ

もともと私がハンズフリーのハンディターミナルを使いたいと思っていました。費用や導入の時間などはついて回ります。これから導入を考えている方、導入したいけど費用がないという方、会社は導入しないけど、個人的に使いたい方、「ゴムゴムのハンディ」ならばどんな方でも簡単にハンディターミナルをハンズフリー化できます。これで事足りればそのまま使えますが、「ハンズフリー便利だな-」と思えたら、導入を検討していた方や、この次に端末の入れ替えがある場合などにはメーカーのハンズフリーハンディターミナルをご検討されてはいかがでしょうか?もちろん「ゴムゴムのハンディ」で使い続けても!
 
ハンズフリーハンディターミナルで有名な国内メーカーだとウェルキャットが有名です。
 
ハンディーターミナルのハンズフリー化であなたの仕事を楽ちんに!

-未分類

執筆者:

関連記事

shortcake

おいしいスイーツの基本知識!

たまに甘いものが恋しくなったときに、お気に入りのスイーツが満たしてくれます。あたりまえに食べているスイーツの知識を少し深めるとよりスイーツを楽しむことができます。ケーキや焼き菓子、ゼリーや和菓子といっ …

shortcake

もらって嬉しい高級スイーツをお取り寄せでお得に購入する技!

おいしいスイーツを食べたい!と思うと、お気に入りのコンビニスイーツであったり、近所のケーキ屋さんのケーキがお気に入りだったりとスイーツを楽しむのに出向いて購入することが多いです。たまにいつもと違う高級 …

run

マイ健康法!

自分は健康的な方だなー、と思っていてもときどき「体力落ちてきたかも」とか「あれ?ちょっとお腹がプルプルしてきたよ?」って思うことがあります。そういえば最近、身体を動かすのを避けていたなーとか、身体うご …

bag

食べ歩きに便利なアプリとグッズ

食べ歩きは手ぶらでいっても特に問題はありません。ですが、あると便利で楽になるものもあります。私が便利だなー、と思うスマホのアプリやカバンにいれておく道具をご紹介します。 食べ歩きに便利なアプリ Goo …

no image

おいしいものを作る工場に見学にいってみよう!

お店で買ったりして、普段食べているおいしいものはどうやって作られているか?どこで作られているか?そんなことは気にせず、お金を払えばすぐに買えて食べられます。最近では食品や様々な製品の製造工程を見学する …

フェイスブックページ「おいしいもの!」

にほんブログ村バナー

人気ブログランキング